技術・設備紹介、納品までの流れ
ファスナーメーカー協和チャック工業 TOP >> 技術・設備紹介、納品までの流れ

独自の生産ラインと品質管理で、信頼される製品づくりを目指しています

デザインを的確にカタチにする技術はもちろんのこと、長年培った経験とノウハウを活かして、独自の生産ラインを構築しています。どのようなニーズにも柔軟に対応できる生産体制と徹底した品質管理で、お問い合わせから納品後のアフターフォローまでしっかりサポートいたします。

ノウハウ・技術について

独自の生産ラインの構築

弊社は海外とのネットワークを活用しながら、コイル・プラスチック・メタルファスナーなどのニーズに対応できる体制を整えています。
特に、近年世界の工場となった中国でのファスナー生産が大切な役割を担うようになりました。国内でのノウハウを活かし、現地での良品出荷・トラブル対応を徹底しています。
協和チャック工業は、お客様本位の姿勢を大切にしています。

徹底した品質管理体制

徹底した品質管理体制

何よりもまず、確かで高品質の製品を提供することが、弊社の役割です。
そこで弊社では設備の保守点検や、社員教育、厳しい外注管理などを行い、ファスナーの強度、スライダー開閉の滑らかさ、規格の統一、カラーの堅牢・安定性などを日々追求しています。
万全の検査体制で、一つ一つの製品を厳しく管理して、皆様に納得していいただけるファスナーだけをお届けしています。

迅速な納期を実現する生産体制

迅速な納期を実現する生産体制

衣料やかばんなどの付属品であるファスナーは、1日でも速いデリバリーを要望されます。「良い」「安い」とともに「速い」ことが、ファスナーメーカーにとっても最大の課題です。
弊社では、お客様との綿密なお打ち合わせ・コミュニケーションによって、ご要望の納期の実現に全力を注いでいます。数多い種類のどのファスナーであっても、短納期を目標に生産管理を実施しています。

工場・設備紹介

保有設備一覧

・ギャッピングマシン
・自動上止め機
・半自動下止め機
・施盤機
・オープン加工機
・自動下止め機
・コーティング用フィルム貼り機
・研磨機
・自動スライダー装着機
・半自動上止め機
・ヒートカット機
・バレル塗装一式

台湾・中国の協力工場について

台湾・中国の協力工場について

弊社は、台湾と中国に30年以上の付き合いがある協力工場を擁しています。例えば、中国国内で短納期でのファスナー調達やコスト抑制などに対応できます。
「海外での製造はロットが多いと対応してもらえないのでは」、「海外生産は品質面が不安」とお考えではありませんか。弊社では、ロットにも柔軟に対応でき、また海外工場であってもMADE IN JAPANクオリティを追求し、品質管理をきっちり行っています。

お問い合わせから納品までの流れ

ヒアリング

用途、コンセプトをヒアリングします。
より最適な試作を作成するために、カラーサンプル帳を駆使してお客様のイメージをより具体的に確立化していきます。

試作

ヒアリングにて具体化したファスナーのイメージから、試作品を作成します。試作品をもとに、色や引き手、素材や質感など細部にいたるまで再考し、お客様に満足していただけるベストなファスナーを追求していただけます。

お見積り

希望価格や完成品の生産地、納期などの諸条件に合わせて国内、台湾、中国での生産地を決定いたします。それによって、最善の価格決定を行います。

製造

国内、台湾、中国それぞれの地域で最適化されたラインにより、ファスナーを製造します。特に海外工場では、最終検品において厳しく精査し出荷するよう心掛けています。

完成

納品後も、国内はもちろん海外でも日本ならではのアフターケアを心掛けています。

オリジナルファスナーのご提案から製造まで、お任せください

オリジナルファスナーのご提案から製造まで、お任せください

協和チャック工業は、ファスナーのパイオニアとしての実績と経験を活かし、スライダーや素材、機能、デザインなど様々なご要望にお応えいたします。
コスト、ロット、納期についても柔軟に対応できますので、オリジナルファスナーのことならお気軽にご相談ください。

ページトップへ

デザインや機能へのこだわりを実現いたします。
オリジナルファスナーのことなら協和チャック工業へ。

お問い合わせはこちら