スライダーにこだわりたい
ファスナーメーカー協和チャック工業 TOP >> 工芸工房 鎚舞(ツイブ)のギャラリー展

手芸

工芸工房 鎚舞(ツイブ)のギャラリー展

京都押小路通麩屋町にある 工芸工房 鎚舞~ツイブ~のギャラリー展へ行ってまいりました。

2月2日(日曜日)までとあって、ぎりぎりの鑑賞となりましたが、作品を展示されている方々とも
お話できる機会があり、充実した時間を過ごさせていただきました。
 
協和チャックのブログに写真掲載をお願いしたところ、快く写真を取らせてくださりましたので、
一部ではありますが、アップさせて頂いています。
 
 皆さん、すごく丁寧で独創的なものづくりをされておられ、観ていて本当に飽きません。
きのこのスタンドと骨の魚に人形が乗っている作品は、人形作家をされておられる方がたの
作品で、どうしたらこのような発想ができるのか?やはりもの創りをされておられる方がたが
持っておられる感性には驚かされます。
20140207-2.jpg
 
 金属を花びらの形に加工した、どこか日本的な雰囲気をもったネックレスも本当に細かい部分まで
細工が施されており、この世界に1つしかないことも加え、非常に価値の高い作品です。
20140207-2.jpg 
 最後に鎚舞先生の作品をご紹介させて頂くと、何層もの色金を加熱圧着し、木目状の模様に仕上げる
"木目金"と呼ばれる技法を用いた作品で、蓋のある器状に仕上げられています。
 中央にはウサギが餅つきをしている模様も施されており、また上下の縞模様がつながるように調整されて
いる技術にはとても驚かされます。
 20140207-3.jpg
 彫金とは日本の技術だけではないですが、ここまで細かく表現する気質や丁寧さというものは日本人特有の
物なのではないかと思ってしまいます。
 
 工芸工房 鎚舞は、リングの製作体験やアクセサリーの修理などもされておられ、特にクリスマスシーズンには
たくさんのカップルがリングを作りに来られています。
 また、ギャラリーにはスタッフの方がたが創られた商品も並んでおり、購入することも可能です。
 
 とても気さくな先生やスタッフのみな様なので、お近くに来られた際にはぜひ覗いてみてはいかがでしょうか?
 
 
 ところで!真っ赤なスライダーのピアス、人形作家さんがつけておられました。独創的な感性をお持ちの
方がつけておられると、ファスナー屋としてはどこか誇らしくなりますよね。
20140207.jpg

  • 投稿日:2014年2月 7日 09:40
  • カテゴリー:手芸